レイクの借り方は?

初めてなら無利息期間あり

レイク

金利 限度額 審査時間
4.5%〜18.0% 1〜500万円 申込み完了画面に表示
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 申込み完了画面に表示
  • ご利用が初めてなら30日間全額無利息または180日間5万円分まで無利息
  • 簡単なシミュレーションで二つの無利息プランからお得なほうを簡単に選べる。
  • 本人確認などの書類は携帯アプリなどによる送信でOKだから融資までが早い

bana

 

レイクの借り方は?【お金を借りる方法とは?】

 

 

銀行カードローンの中でも安心して利用できると人気なのが、新生銀行のレイクです。

 

ですが、レイクを利用したくても借り方が分からないと、不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、レイクの借り方をご紹介していきます。

 

 

レイクの申し込み方法は?

 

初めにレイクに申し込みをする方法をご紹介します。

 

  • パソコン・スマホ・アプリ
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話

 

レイクに申し込みするには上記から選ぶことができます。

 

最短で融資を受けたい方は、平日14時までに申し込みと必要書類の確認が終わればスピード振込も可能です。

 

最近では、パソコンやスマホなどのインターネットで申し込むのが主流になっていますので、こちらの方法をご紹介します。

 

@レイク公式サイトから申し込み

 

レイク公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入します。

 

時間内の申し込みであれば、申込み完了画面に審査結果が表示されますが、時間外での申込みは翌営業日に審査結果が表示されます。

 

【審査結果のお知らせ時間】

 

通常時間帯:8時10分〜21時50分

 

第3日曜日:8時10分〜19時

 

 

A審査結果後に必要書類を提出

 

レイクから審査結果が届いたら、契約手続きから振込先情報などの入力をします。最後に契約内容の確認をしたら、本人確認書類をメールに添付して提出します。

 

50万を超えてレイクに契約する場合は収入証明書も合わせて提出します。

 

 

B借り入れ

 

本人確認書類や収入証明書の確認が完了すると、指定した金融機関の口座へ振込みが行われます。

 

インターネットからの申込みだと、来店せずに借入を行うことができるので、とても便利です。

 

 

レイクの借入方法とは?

 

次にレイクの借入方法は、

 

  • 銀行振込
  • レイクATM
  • 提携ATM

 

から選べますが、どの方法でも手数料が掛かりませんのでお得に利用する事ができます。

 

銀行振込

レイクの銀行振込は特に口座の指定はありません。ご自身の名義であれば信用金庫や農協の口座でも大丈夫ですし手数料も無料です。

 

振込を利用するなら、パソコン・スマートフォン・アプリや携帯電話から会員ページにログインした後、振込みメニューから振込みの依頼をしてください。

 

平日14時45分までに申し込みをすると、その日のうちに振込みが可能ですが、平日14時45分以降や土日・祝日になると翌営業日の振込みになります。

 

 

レイクATM

レイクのATMは年中無休で利用できますが、営業時間は平日と土曜日は7時30分〜24時まで、日曜日と祝日は7時30分〜22時までとなっています。手数料は無料で利用できます。

 

 

提携ATM

コンビニATMなどの提携ATMは全国24時間365日、手数料無料で利用できますが、一部のATMでは24時間の利用ができない場合がありますのでご確認ください。

 

 

以上が借入の方法なのですが、このように様々あると迷ってしまう事もあると思います。

 

レイクの公式サイトでは答えをクリックしていくだけで、自分に合ったオススメの借入れ方法を紹介してくれる「あなたにオススメのお借入れ方法」がありますので、借入方法に迷っている時は参考にしてください。

 

bana

 

レイク借り方のよくある質問と答えとは?

レイクの振込が可能な時間は?

レイクの申し込み自体は24時間可能なのですが、振込が可能な時間帯は平日の14時45分までとされています。

レイクからお金を借りるにはどんな方法がありますか?

レイクの借り方は銀行振込みとレイクATMやコンビニなどの提携ATMから融資を受ける事ができます。

レイクのATMからだと手数料は掛かりますか?

レイクATMや提携ATMでの借入や返済ともに手数料は無料で利用できます。手数料は少額だからと気にしない方もいらっしゃるかもしれませんが、利用する回数が増えるたびに嵩んでしまうので無料で利用できるのは安心ですよね。

レイクの審査基準や審査時間とは?

 

 

レイクの審査基準は?

 

レイクの審査基準は実際に申し込まないと分からない所もありますが、

 

  • 満20歳〜70歳以下の安定した収入のある方
  • 国内居住の方
  • 外国人の方は永住許可を受けている方

 

など、このような方はレイクの審査に申し込むことができます。

 

安定した収入とは、決まった給料が毎月もらえてる事を指しますので、20歳以上ならアルバイトやパートをしている学生や主婦でも申し込みができますが、ギャンブルや株などの臨時収入は含まれませんので注意が必要です。

 

レイクの審査は収入だけでなく、職業や勤続年数、家族構成、信用情報など、様々な項目を総合的にチェックしています。

 

 

レイクの審査時間は?

 

レイクの審査は24時間いつでも申し込みが可能ですが、申し込みした時間帯によって審査結果や振込みのタイミングが変わります。

 

レイクの審査時間は、仮審査や本審査を合わせて最短で30分〜約1時間ぐらいです。できるだけ最短で行いたい方は、必要書類や在籍確認などがスムーズにできる時間帯にお申し込みする事をおすすめします。

 

平日だけじゃなく土日や祝日でも審査が可能ですが、時間外に申し込みをすると、審査の回答が翌営業日になってしまいますので、事前に審査の対応時間を確認するようにしましょう。

 

最短で回答が欲しいのであれば、午前中に申し込むことをおすすめします。

 

【レイクの審査対応時間】

 

通常時間帯:8時10分〜21時50分

 

第3日曜日:8時10分〜19時00分

 

bana

 

レイクの審査に通るコツや注意点とは?

 

 

レイクの審査に通るにはいくつかのコツや注意点があります。

 

何社も同時に受けない

レイクの他にも複数の会社に短期間で申し込みをすると、申し込みブラックになってしまいます。

 

申し込みブラックになると、どの会社でも審査に落ちやすくなりますので、1社に絞って申し込みをするのがおすすめです。

 

 

使用しないクレジットカードやカードローンは解約する

使っていないクレジットカードやカードローンが手元にある場合は解約を出来るだけしましょう。

 

利用していないカードでも契約をしたままだと、他社借入をしている事と同じですし、解約をしておけば「返済できた」という証明にもなります。

 

 

借入額は必要最低限にする

借入額が小さいとレイクの審査も厳しくする必要がありませんので、必要な金額だけにしましょう。

 

 

申し込みで嘘をつかない

どの会社でもそうですが、審査で嘘を書くと確実に落とされてしまいます。たとえ書き間違えでも審査に落ちる原因になりますので、提出する前にもう一度、目を通しておきましょう。

 

 

安定した収入がある

収入が安定していない方はレイクの審査に通るのは難しいです。

 

正社員はもちろんですが、パートやアルバイトの収入でも月1で給料がもらえるなら安定している収入とみなされます。

 

株やギャンブルなどの臨時収入は収入として認められませんので注意が必要です。

 

レイクのメリットやデメリットとは?【借り方はどう?】

 

 

レイクで借りるメリットとは?

 

  • 選べる2つの無利息ローン

レイクを初めて契約した方が利用できる無利息ローンというサービスがあります。

 

この無利息ローンは併用できませんが2種類から選ぶことができますし、契約した次の日から期間中であれば無利息で利用できますのでお得です。

 

使い方によっては利息を一度も払わずに利用できる可能性もあります。

 

@5万円まで180日間無利息
契約額が1万円〜200万円で、借入額のうち5万円まで180日間無利息になります。5万円を超えた借入は、通常の利子が付くことになります。

 

A30日間無利息
金額の制限がなく30日間無利息で利用できます。一括払いや5万円以上の借入れを希望している方におすすめです。

 

  • ATM手数料が無料

レイクATM、提携ATMがあるコンビニなど、すべてのATMで借入や返済が手数料無料で利用できます。時間外も無料ですので都合が良い時に利用できます。

 

  • 最短融資が可能

平日14時までに振込手続きを完了するか、21時までに自動契約機で契約を済ませるかで、最短で融資を受ける事ができます。

 

  • 女性専用窓口のレディースレイク

審査や在籍確認の連絡まで全て女性スタッフが対応する女性専用のサービスになります。

 

  • 返済日をメールで教えてくれる

レイクでは返済をうっかり滞納してしまわないように、返済日の3日前と当日に返済日を知らせてくれるメールサービスがあります。

 

 

レイクで借りるデメリットとは?

 

  • 金利が高い

レイクの金利は4.5%〜18.0%と消費者金融とほとんど変わりません。銀行カードローンにしては高めなので、いくら借りやすいといえども問題があります。

 

bana

 

レイクの審査に必要な書類とは?

 

 

レイクの契約では法律により本人確認書類を提出する必要があります。

 

本人確認書類で必要な提出物は、

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

 

のいずれか1つを提出します。

 

なかでも、運転免許証は信用度が高いので、運転免許証をお持ちの方はそちらを用意しましょう。本人確認書類は最新のもの、現住所を証明する書類は発効日から6か月以内のものが必要です。

 

また、50万円以上の融資を希望する場合は、収入証明書として以下の中から1つだけ提出が必要です。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 所得証明書(課税証明書)
  • 給与明細書

 

レイクの返済方法とは?【お金の返し方】

 

 

レイクの返済方法は5つあります。

 

  • Web返済

Web返済はパソコンやスマホ、携帯電話などから、時間や場所を選ばずに返済する事ができます。

 

金融機関の営業時間外や深夜であっても、手数料無料でWEBからレイクへの返済が可能です。

 

  • 自動引落し

自動引き落としだと、返済日に自動で引き落とされるので、店舗やATMに出向く必要がありませんし、返済日を忘れる危険性もありません。

 

引落し日は毎月14日か27日の内どちらかを選べますし、手数料も無料です。

 

  • レイクATM

レイクのATMでは一括返済もできますし、休日や夜間でも手数料が無料で利用する事ができます。

 

平日・土曜日 7時30分〜24時

 

日曜日・祝日 7時30分〜22時

 

毎月第3日曜日 7時30分〜20時

 

もし、カードを忘れてもレイクのATMなら返済する事が可能ですが、その為には3つの情報が必要です。

 

・レイクに登録している自宅や携帯の電話番号

 

・生年月日

 

・カードの暗証番号

 

この情報があれば、レイクのカードを忘れてもATMで返済をする事ができます。

 

  • 提携ATM

近くにレイクATMが無い場合、コンビニなどの提携ATMから手数料無料で返済する事ができます。

 

【レイクの提携ATM】

 

・新生銀行ATM

 

・イオン銀行ATM

 

・セブン銀行ATM

 

・ローソンATM

 

・E-net

 

一括での返済はできませんが、1,000円単位での返済が可能です。

 

  • 銀行振込み

利用している銀行からレイクの口座へ振り込む事で返済する方法です。

 

銀行振込みだとレイクのカードは不要です。

 

利用している銀行からレイクの銀行に振込をすると振込手数料が掛かってしまいます。

 

レイクの借り方とは?【まとめ】

 

 

レイクでのお金の借り方をご紹介しました。

 

レイクの審査は条件を満たせば、最短で融資を受けることができますし、パソコンやスマホからの申し込みだと、レイクの店舗に来店する必要もありません。

 

借入限度額は最高500万円までで、利用目的や使途は原則自由です。

 

振り込みでお金を借りる場合、平日14時までにレイク公式サイトの会員ページから申し込みをすると、最短で融資が受けれます。

 

レイクからお金を借りるには、振込とATMの方法があります。

 

レイクATMの利用時間は平日・土曜7時30分から24時までと、日曜・祝日7時30分から22時までとなっています。

 

コンビニなどの提携ATMは全国で24時間365日も利用できますが、一部のATMでは24時間の利用ができない場合がありますので注意が必要です。

 

最低でも1,000円から借りれますので、ちょっとお金が足りない時でも安心して利用する事ができます。

 

初めてなら無利息期間あり

レイク

金利 限度額 審査時間
4.5%〜18.0% 1〜500万円 申込み完了画面に表示
保証人 派遣・アルバイト 最短融資
不要 審査対象 申込み完了画面に表示
  • ご利用が初めてなら30日間全額無利息または180日間5万円分まで無利息
  • 簡単なシミュレーションで二つの無利息プランからお得なほうを簡単に選べる。
  • 本人確認などの書類は携帯アプリなどによる送信でOKだから融資までが早い

bana